透明色

記事に関係ないコメントは掲示板へどうぞ。気軽に話し掛けてくださいね。トラバの乱用は遠慮してください。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
<< << しんきんぐたいむ <<   >> ライブドアと楽天 >> >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

コメント⇒- || トラバ⇒- || RANKING
 思い起こせば、私は昔から何故か国語は得意な方で、
とくに悩むことも無く勉強することもなくすごしてきた。
(英語が激苦手なのですが)

 またまた浪人侍、斬られ候。のトラバ。

 そんな私でも、越えられない一線がありそれを乗り越えるのは
とても簡単なことでした。
現代文を読む上で、評論では対比構造、譲歩、用語を、
小説では心情・情景把握をキッチリやるだけで平均9割になりました。
 この辺は、関東圏の某予備校講師プレーリードックI先生(これは人生最大の出会いだった)が一番私にあった解法だったのだ。
小説では心情・行動に波線、時制に線、登場人物を四角で囲む。
そして、登場人物の心情の変化を見るのだ。
たとえば、「嫌いだ」と言っても、行動を見れば好きの裏返しか、本気で嫌いかわかる。

 とかいっても、私文章で説明するほど上手くないんだ。
私は昔から小説とか本を好きで読んでいたけれど、小説読んだからって出来るようにはならないし、今からじゃ遅いと思ったり。読むスピードアップになったり、文章把握能力はあがるとは思うけれど、解けるようになるのとは別問題だと思う。
まぁ…自分に合った先生につくのが一番良い。
某大手予備校のY先生は有名だけれど、個人的に嫌い、そして私には向かないと判断し彼の授業にはでなかったなぁ。
コメント⇒comments(0) || トラバ⇒trackbacks(0) || RANKING
コメント⇒- || トラバ⇒- || RANKING
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック